毛膿炎(もうのうえん)について

間違ったムダ毛処理によって、
「毛膿炎」を起こしてしまったという方が増えているそうです。

 

毛膿炎は細菌感染症の一つで、数本の束になった毛が細菌に感染して起こります。
毛膿炎は根が深く、毛根周辺が赤くなったり、化膿したりするほか、
皮膚が硬く腫れたりといった症状があらわれ ます。

 

黄色ブドウ球菌が原因で起こることが多く、
ひどくなると化膿した部分が色素沈着し跡が残ってしまうこともあり ます。
治療には抗生物質の服用が不可欠で、場合によっては、皮膚切開が必要になります。

 

もともと細菌などの侵入を防ぐ働きをしている毛が、
ムダ毛処理でなくなってしまうことで、細菌の侵入を容易に させてしまうことで起こります。
不衛生な環境のもとで、毛抜きで抜いたり、
カミソリで剃ったりといったムダ毛処理を行った場合はより発生しや すくなります。
特に、カミソリで逆剃りして深剃りをするなどの無理な除毛や、
お風呂での脱毛処理は細菌が侵入しやすくなりま すので、注意が必要です。

 

レーザーによって行う毛根部からの脱毛は、
毛膿炎を起こしにくい脱毛法と言われています。
レーザー脱毛以外の方法では、
脱毛クリームや除毛クリームによる脱毛がおすすめだそうです。

 

銀座カラー 脱毛キャンペーン エステティックTBC 脱毛 脱毛 イオン脱毛